ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック・粘/接着製品の寿命予測と劣化加速の設定手法のバナー

ホース特集 ゴム・樹脂とも生産好調

2018年03月30日

ゴムタイムス社


 ゴム・樹脂ホースが好調だ。自動車を始め、建設機械、一般産業用機械などの需要先の生産が好調なことから、ゴム・樹脂ホース生産は前年を上回る状況で推移している。

 経済産業省によると、17年のゴムホース生産量(新ゴム量)は前年比6・3%増の3万6787tで3年ぶりに前年実績を上回った。生産量はここ数年漸減傾向で推移していたが、17年はリーマンショック以降で最も高い値となった。

 品種別に見ると、全体の7割近くを占める自動車用は同3・8%増、高圧用は同28・1%増、その他用も同1・3%増となり、全品種で前年実績を上回った。特に、高圧用は建機や工作機械業界の活況を受け、好調さが目立っている。

 また、日本ビニルホース工業会によると、17年のビニルホースの出荷量(ガーデンホースと工業用その他合計)は、前年比3・3%増の1万3663tで2年連続で前年実績を上回った。

 需要先では、半導体向けは好調、食品向けも安定

関連キーワード: ··