ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるゴム・プラスチック混練技術の基礎から応用のバナー

ニュースの焦点 大雪への適切な備えを

2018年02月02日

ゴムタイムス社


 2月に入り、また首都圏で雪となった。今冬は例年になく非降雪地帯でも雪となる日がありそうだ。1月22日の首都圏での大雪は、4年前の各交通機関が運休となった大雪ほどではないにしても、交通機関に大きな乱れをもたらした。

 この日は、予報通りに昼ごろから本格的な雪となった。このため、各企業では社員に早めの帰宅を指示したが、一斉に駅に向かったため却って駅での混乱に拍車をかけ、各鉄道会社の都心の駅では入場規制が行われたところがあった。

 ただ、今回鉄道よりも深刻だったのは道路である。首都高速道路中央環状線の山手トンネルで、多くの車が約10時間にわたって動けない状態が続き大きな問題となった。

 その主な原因は、1台のトレーラーがジャンクションの坂を上れなくなったことだという。このトレーラーはチェーンを装着していたとのことだが、それでもスリップをしてしまった。

 一般道でも立ち往生が相次ぎ、JAFには、動けなくなった車のドライバーから救援を求める連絡が多数寄せられた。その多くが

本文:678文字