ゴムタイムス70周年の画像
1日速習セミナー!プラスチック材料の全体がわかるのバナー

ブリヂストン組織・人事 (12月30日付、12月31日付、1月1日付)

2017年12月27日

ゴムタイムス社


ブリヂストン
 〈人事異動〉
 (12月30日付)
▽化工品開発第2本部長兼化工品NVHソリューション開発グループ防振ゴム開発第3部長兼化工品NVHソリューション開発グループ防振ゴム開発第3部試作製造技術ユニットリーダー兼化工品開発第1本部化工品開発プロセス管理ユニット主任部員兼NVHソリューション開発戦略本部主任部員(化工品開発第2本部長兼NVHソリューション開発戦略本部主任部員)石山達郎
▽ブリヂストンエーピーエムカンパニー派遣(化工品NVHソリューション開発グループ防振ゴム開発第3部長兼化工品NVHソリューション開発グループ防振ゴム開発第3部試作製造技術ユニットリーダー兼化工品開発第1本部化工品開発プロセス管理ユニット主任部員)宇野勝吉

 〈人事異動(退職)〉
 (12月31日付)
▽鉱山/産業・建機/農機ソリューション開発グループホース開発部長=小坂信広

 〈機構改革〉
 (1月1日付)
「グローバル経営プラットホーム(GMP)」
▽品質経営企画・TQM推進部の下にあるJリージョン社会貢献活動推進ユニットをCSR・環境戦略企画推進部の下に移管する。
▽技術企画管理部の下にある開発管理ユニットを共通設計部の下に移管し、開発企画管理ユニットに名称変更する。
▽技術戦略部の下にある技術戦略第2ユニットを技術戦略ユニットに名称変更する。
▽技術戦略部の下にある技術戦略第3ユニットを技術企画管理部の下に移管し、小平再開発プロジェクト推進室(ユニット相当)に名称変更する。
▽開発プロセス改革本部の直下にプロセス改革推進ユニットを新設する。これに伴い、開発プロセス改革本部以下の組織と製品品質管掌の直下にある共通設計部の一部機能をプロセス改革推進ユニットに移管する。
▽共通設計部の下にある効率化推進ユニットを新設立上げ効率化ユニットに名称変更する。
▽共通設計部の下にある効率化推進ユニットの一部機能をプロセス改革推進ユニットに移管する。
▽タイヤ開発第4本部の直下に生産財ソリューション開発室(ユニット相当)を新設する。これに伴い、特殊タイヤ開発第2部の下にある設計第6ユニットの機能と生産財タイヤ応用技術開発部の下にある生産財ソリューション技術開発ユニットの機能を生産財ソリューション開発室(ユニット相当)に移管し、設計第6ユニットと生産財ソリューション技術開発ユニットを廃止する。
▽中央研究所(本部相当)の下に研究第6部を新設する。これに伴い、研究第4部の下にある計算科学研究ユニット、計算力学研究ユニットを研究第6部の下に移管する。
▽研究第1部の下にある物性解析ユニットを研究第3部の下に移管する。
▽研究第2部の下にある操安・音振研究ユニットを研究第4部の下に移管する。
▽技術戦略部の下にある技術戦略第1ユニットを中央研究所(本部相当)の直下に移管し、研究開発戦略企画ユニットに名称変更する。
▽生産財タイヤ応用技術開発部の下にある共通技術開発ユニットをタイヤ先行技術本部の直下に移管する。
▽生産財タイヤ応用技術開発部の下に生産財技術開発第1ユニット、生産財技術開発第2ユニットを新設する。これに伴い、生産財タイヤ応用技術開発部の下にある生産財技術開発ユニットの機能を生産財技術開発第1ユニットと生産財技術開発第2ユニットに移管し、生産財技術開発ユニットを廃止する。
▽SCM管理本部の下にあるSCM管理部、J-SBU SCM支援部、海外事業SCM支援部を再編し、SCM企画部、グローバル供給オペレーション部、輸出物流・外注管理オペレーション部を新設する。
▽SCM企画部の下にSCMガバナンスユニット、サプライネットワークデザイン企画ユニット、SCM基礎整備ユニットを新設する。
▽グローバル供給オペレーション部の下にグローバルタイヤ供給ユニット、タイヤ供給オペレーションユニット、BSAM受注オペレーションユニット、BSCAP受注オペレーションユニット、BSEMEA受注オペレーションユニットを新設する。
▽輸出物流・外注管理オペレーション部の下にタイヤ輸出オペレーションユニット、機器輸出オペレーションユニット、外注管理オペレーションユニットを新設する。
▽商品管理部の下にある商品管理ユニット、商品計画ユニット、量産計画ユニットを再編し、プロダクトガバナンスユニット、プロダクトマネジメントユニット、プロダクトサービスユニットを新設する。
▽中国・アジア・大洋州事業部の下にある中国・アジア・大洋州ユニットとリトレッド事業推進ユニットを再編し、アジア・大洋州ユニット、中国・インドユニットを新設する。
▽連結決算部の下にあるJ-SOX推進ユニットを財務内部統制ユニットに名称変更する。
▽人材開発部の下にある人材開発ユニットと海外SBU人事管理ユニットを再編し、採用ユニット、人材開発支援ユニットを新設する。
▽PSタイヤ開発第3部の下に設計第3ユニットを新設する。
▽先進タイヤ開発部の下にある構造設計第1ユニットを設計第1ユニットに、構造設計第2ユニットを設計第2ユニットにそれぞれ名称変更する。

「日本タイヤ事業SBU」
▽日本タイヤ事業分掌の下にREP販売部を新設する。
▽REP販売部の下にREP販売課を新設する。
▽日本タイヤモビリティソリューション戦略企画部の下に日本タイヤ次世代商品・ソリューション企画ユニット、日本タイヤソリューションビジネス企画ユニット、日本タイヤデジタル・ITプラットフォームユニットを新設する。
▽日本タイヤ経営企画部の下にある日本タイヤ財務企画準備室(課相当)を日本タイヤ財務企画ユニットに、日本タイヤ人事・労務準備室(課相当)を日本タイヤ人事・労務ユニットにそれぞれ名称変更する。
▽日本タイヤ商品計画・管理部の下にある日本タイヤ商品計画ユニットと日本タイヤ量産計画・商品管理ユニットを再編し、日本タイヤ消費財商品計画・管理ユニットと日本タイヤ生産財商品計画・管理ユニットを新設する。
▽J-SBU SCM支援部の下にある外注品需給・輸出入管理ユニットの一部機能を日本タイヤ生産計画・需給戦略部の下にある日本タイヤ生産IT改革推進ユニットに移管する。これに伴い、日本タイヤ生産IT改革推進ユニットを日本タイヤ購入品・バイアスグループ需給管理ユニットに名称変更する。
▽日本タイヤ物流企画部の下に日本タイヤ販売物流オペレーションユニットを新設する。
▽日本直需タイヤ販売担当の直下に日本直需タイヤ改革推進部を新設する。
▽日本直需タイヤ販売業務部の下にある業務改革推進課とグローバル直需マネジメント部の下にあるJOEマネジメントユニットの一部機能を日本直需タイヤ改革推進部に移管し、日本直需タイヤ改革推進部の下に業務改革推進ユニットとJOEマネジメントユニットを新設する。

本文:約4734文字

関連キーワード: