ゴムタイムス70周年の画像

週刊ゴム株ランキング 櫻護謨、2ヵ月振りに新高値更新(8/14~8/18)

2017年08月21日

ゴムタイムス社

 8月14日~18日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はほぼ全面安の展開となり、前週末比で6社が上昇、1社が横ばい、24社が下落した。8月18日のゴム平均は、前週末比27円71銭安の1596円61銭と反落した。

 株価上昇率ランキングでは、1位がJSRで同6・42%高、2位が櫻護謨の同3・25%高、3位がニチリンの同3・24%高となった。

 主なゴム企業の株価を見ると、タイヤ4社ではブリヂストンが同50円安の4736円と反落、住友ゴム工業が同33円安の1807円と続落、横浜ゴムが同170円安の2063円と反落、東洋ゴム工業が同134円安の2047円と続落した。

 自動車用ゴムでは、ニチリンが同100円高の3185円と続伸した。

 合成ゴムでは、JSRが同123円高の2039円と反発、日本ゼオンが同12円安の1372円と続落した。

 産業用ゴムでは、櫻護謨が同15円高の476円と続伸した。櫻護謨の18年3月期第1四半期業績は営業利益は同62・1%減となったが、消防・防災事業では防災資機材などの販売が増加し、航空・宇宙、工業用品事業では、大型航空機向部門

 

本文:590文字

関連キーワード: ···