TPE特集 JSR RBのタイヤ改質用途拡大 SIS フレキソ印刷版向けが好調

2017年09月08日

ゴムタイムス社

 JSRのTPE製品は、石化事業部が、ポリブタジエン系TPE「RB」、スチレン・ブタジエンTPE「TR」、スチレン・イソプレンTPE「SIS」、水添ポリマー「DYNARON」の4種類を展開している。 

 RBは、高級カジュアル履物用途で欧州・南米・中国の3エリアを中心に販売。欧州・イタリアは、数年前よりRBの使用割合の高い特殊発泡剤を使用した軽量履物が流行しており好調を維持している。南米は、経済低迷が長引いており低調が継続している。中国は、人件費高騰により履物生産が衰退しているが、生産移管先であるベトナムの存在感が年々高くなってきている。新規開拓として、インド・メキシコ・ポルトガル等の新興国への拡販が順調に進んでいる。

 RBの新グレードとして展開しているタイヤ改質剤用「AT」シリーズは、天然ゴムとの相容性に優れて加工性改良や高硬度化に効果がある。燃費に悪影響のあるカーボン、シリカなどのフィラーを低減させて高硬度化することが可能であり、世界的に低燃費タイヤの普及が進むなか大手メーカーでの採用が増えている。

 TRは食品容器ポリスチレン改質向け、

本文:862文字

TPE特集 JSR RBのタイヤ改質用途拡大 SIS フレキソ印刷版向けが好調

キーワード: ·