ファインケミカル特集 東京材料 新中計が今期スタート 米州の充実・強化目指す

2017年08月21日

ゴムタイムス社

 東京材料(東京・千代田)はゴムケミカル専門商社として、高付加価値商材の発掘・拡販に注力している。海外拠点の現況や新中計の骨子などを柿沼秀一会長に尋ねた。

―16年度を振り返って。

 売上高は微減となったものの、利益はいずれも増益だった。主な増益要因としては、海外事業の拡大とエンジニアプラスチック(エンプラ)の伸長だ。海外ではアセアン地域が実ってきた。

 取扱商品で見ると、合成ゴム販売は為替の影響で上期は落ち込んだが、下期は販売量も回復に転じた。これにより、トータルでは前年を上回ることができた。

 合成樹脂販売では、光学フィルム向けが落ち込んだのに対し、ポリアミド樹脂を主とするエンプラは引き続き好調だ。自動車業界では、ゴム・金属から樹脂へ代替が加速するなか、エンプラは自動車の筐体やカバー、エンジン回りなどで採用が広がっており注力している。

柿沼会長

柿沼会長

―海外拠点の現況は。

 中国は16年に香港事務所を閉鎖し、4拠点を3拠点にした。香港でやっていた商売は、中国の各拠点に振ったり、日本からの輸出に全て切り替えた。

 この他、15年に販売拠点を開設した

本文:898文字

ファインケミカル特集 東京材料 新中計が今期スタート 米州の充実・強化目指す

キーワード: ·