ゴムロール特集 金陽社 「ニューZE‐K」シリーズが佐々木賞を受賞 印刷用ゴムロールで新製品上市

2017年06月19日

ゴムタイムス社

 金陽社(東京都品川区、中田惠二社長)の16年度売上は、全体ではやや前年を下回ったものの、黒字は確保する見通しである。

 ブランケットは、国内は前年並みとなったのに対し、海外は年度前半の円高が響き減収で、全体では前年を下回る結果となった。

 業種別では、印刷用は印刷会社が油性からUV用に機械の置き換えを進めるなかで、UV向けは伸長している。一方、新聞用はやや前年を下回った。

 また、ロール全体は前年をやや下回った。業種別に見ると、印刷用は ほぼ前年並み。ブランケットと同じでUV印刷用は好調。新聞用も微増となり、「地方の新聞社を中心に新聞輪転機の更新・新規需要を取り込むことができた」(同社)とした。

 一方、フィルムや鉄鋼、製紙などの工業用は若干のプラスなった。中でも製紙用は、高機能な新製品「ニューZE‐K」シリーズの投入が奏功し、売上を伸ばした。

 「ニューZE‐K」シリーズは紙の最終工程に近いところで使われるカレンダー用樹脂ロール。従来品のカレンダー用ロールは、過酷な

本文:1107文字

ゴムロール特集 金陽社 「ニューZE‐K」シリーズが佐々木賞を受賞 印刷用ゴムロールで新製品上市

キーワード: ·