ゴムタイムス70周年の画像

住友理工 飛散防止と遮熱・断熱性を兼ねたフィルムの新製品発売

2017年04月24日

ゴムタイムス社


 住友理工は4月24日、窓ガラスの飛散防止機能と住環境改善機能を両立しながら、低価格を実現した新製品「リフレシャインTW36」を発売したと発表した。

 同社では、材料開発を進めることで、ガラス飛散防止機能、遮熱・断熱性能、室内住環境改善、節電の効果を維持しつつ、フィルム構造の見直しで低価格化を実現した。また、日焼け対策の紫外線カット機能についても、従来通りの効果を発揮する。

 現在、窓用フィルム市場では、事故や災害によるガラス破損時の飛散防止を目的としたフィルムが多く採用されている。安全性(飛散防止)でのフィルムの採用を検討している場所で、遮熱・断熱性、実用耐久性も兼ね備えているTW36を採用することで、安全性に加え室内住環境改善・節電効果も得ることができる。

 同製品は、商業施設、病院、オフィスビルなど窓が多く、特に空調を多く使用する場所で効果を発揮し、人々に快適な環境を提供できる。

 リフレシャインは、特殊な透明ナノハイブリッド多層膜を素材に、室内の明るさを保ったまま、太陽光の熱線を反射(遮熱)し、室内の温度上昇を抑えるフィルムとして、2010年8月から販売を開始した。その後、12年10月には遮熱機能に加え、暖房器具などの遠赤外線を反射し室温を保つ断熱機能も兼ね備えた、一年を通して室内住環境改善・節電効果が期待できるエコ商材として、商品化している。

 同社グループは2020年度までの中期経営ビジョンで「環境技術強化」を経営戦略の一つに掲げている。同製品の開発もその一環だ。

関連キーワード: ·