ゴムタイムス70周年の画像

東洋ゴム UHPタイヤ・SUV用タイヤの2新製品を2月に発売

2017年01月13日

ゴムタイムス社


 東洋ゴム工業は1月13日、子会社のニットーブランドタイヤの国内販売を行なっているニットージャパンが、ハイエンドカー向けのUHPタイヤ「NT555G2」と、優れた低燃費性能を持つSUV用タイヤ「NT421Q」の新製品2種を、2月10日から全国で発売開始すると発表した。価格はいずれもオープン。

 出力が高く、トルクの大きなエンジン性能を有するハイエンドカーには、路面をしっかり捉える優れたグリップ力がタイヤに求められる。この要求に応えるNT555G2は従来品「NT555」の後継モデルで、操縦安定性や優れたドライグリップ性能を継承。UHPタイヤでありながら、転がり抵抗性能とウェットグリップ性能を高い次元で両立した低燃費性能をも備えている。

 また、広々とした車内空間を有するSUV(多目的スポーツ車)は、普段使いの街乗りユースとしても高い人気がある。NT421Qは大口径タイヤに履き替えて、カスタマイズを楽しむ街乗りSUVの愛好家に提案するSUV専用のラグジュアリー低燃費タイヤだ。ウェットグリップ性能と転がり抵抗性能を高次元で両立し、展開する全てのサイズで国内タイヤラベリング制度の転がり抵抗性能「A」とウェットグリップ性能「b」を取得。ユニークでスタイリッシュな非対称トレッドパターンを採用し、街乗りでも快適な静粛性と乗り心地を実現している。

 これら新製品は、どちらも独自の材料設計基盤技術「ナノバランステクノロジー」で高度に制御された材料開発をはじめ、求められる性能を引き出す構造設計やパターンデザインの採用によって生み出されたものだ。

 これらの新製品は、同日から開催されている世界最大のカスタムカーイベント「東京オートサロン2017」のニットーブースに出展されている。