タイヤ各社が生産再開へ 東日本大震災 被災地区に支援の輪 日本ゴム工業会 会員企業の被災状況調査

2011年03月28日

ゴムタイムス社

3月11日午後2時46分ごろ、宮城県沖を震源地とする東日本 大震災が発生した。マグニチュード9・0と国内観測史上最大の地震で、死者・行方不明者合計は2万人を超す状況だ。今なお、震度5といった余震も続き、避 難者は不安な日々を過ごしている。岩手・宮城・福島・茨城の被災地はタイヤメーカーをはじめ工業用品メーカーの生産・販売拠点、さらにはゴム商業者の本 社・営業所が数多く存在し、震災に加えて津波の影響で想像を絶する被害を受けた。日本ゴム工業会は直ちに全会員企業を対象に被災状況把握のためアンケート 調査を開始、その取りまとめを進めている。大地震発生から2週間を経た現在、全国から励ましと支援が相次ぎ、被災したゴム企業も順次、生産再開を果たすな ど、一歩ずつ着実に復興に向けて動き出している。 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は甚大な被害をもたらし、同地域に生産、販売拠点を有するゴム関連企業も多大な被害を受けた。 日本ゴム工業会は震災発生後、直ちに会員企業全社を対象に被災状況等に関する調査を実施、現在回答をまとめつつある。 3月18日現在の会員会社の被害状況は次の通り。(従業員家族の安否は不明) ▽東洋ゴム工業(仙台工場)=津波被害なし、従業員無事、生産停止。 ▽東北ゴム(仙台本社工場)=津波2㍍浸水(程度不明)、従業員無事、生産停止。 ▽弘進ゴム(亘理工場)=被害軽度、従業員無事、生産停止。 ▽住友ゴム工業(白河工場)=一部損壊、従業員無事、生産停止。 ▽藤倉ゴム工業(相馬市原町工場)=津波影響なし、一部損壊、従業員無事、生産停止。 ▽藤倉ゴム工業(南相馬市小高工場)=津波影響なし、一部損壊、従業員無事、生産停止。福島原発近く避難指示。このほか停電、電力制限、安全確認等のため生産停止(関東・東北地区) ▽ブリヂストン5ヵ所(栃木・那須・黒磯・東京・横浜)=甚大な被害無し。 ▽横浜ゴム(茨城)=建物設備に一部被害、人的被害無し。 ▽タイガースポリマー(栃木、仙台分室宮城野区)=工場一部損傷、従業員けが、仙台分室従業員被災。 ▽バンドー化学(足利)=建物機械に一部損傷、人的被害無し。3月23日生産開始予定。 ▽イノアックコーポレーション(東北イノアック3工場)=従業員安否確認中。 ▽金陽社(茨城、3工場)=建物一部損壊、人的被害無し。