ゴム・樹脂・セミナー

ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト

ゴム薬品の選定法と技術展開

加硫用薬剤と劣化防止剤の選定ポイント

ゴムタイムス社

趣旨

 本セミナーでは、永年にわたりゴム薬品の製造・開発に携われてきた講師を招き、これまで紹介されることの少なかったゴム薬品の作用機構にも触れながら、求められるゴム製品の性能に適合した配合処方について、最新の情報も含めて分かりやすく説明して頂く予定です。

 具体的には、異なった加硫鎖を形成する加硫用薬剤の組合せによる加硫物の耐熱老化性の向上、劣化温度を考慮した老化防止剤の選定法、適切な一次老化防止剤と二次老化防止剤の組み合わせによる加硫物の耐熱性および変色抑制に対する相乗効果の創出、高いオゾン劣化防止効果を持続的に発現させうるオゾン劣化防止剤の配合処方のポイント、充填剤および加硫処方が微妙に影響するゴム製品特有の劣化である疲労劣化を効果的に改善し得る配合処方について説明して頂きます。

 ゴム製品の製造・開発に携われている技術者はもとより、ゴムの特性を活かした配合処方を提供されている原料ゴム製造メーカーの技術者、幅広い知識で提案型営業を目指されている商社の方々など、ゴム製品にかかわる多くの方々に有益な情報を提供します。

日時 2017年04月26日13:00~17:00
地域 東京都
会場 NATULUCK茅場町新館5階大会議室 会場地図
講師 太智重光(ゴム薬品コンサルタント)
受講料 45,000円
主催会社 ゴムタイムス社
お申込み このセミナーに申込む

プログラム

1.加硫用薬剤と加硫物の耐熱老化性
 (1)加硫方式と加硫物の特性
    ①通常加硫、セミEV加硫、EV加硫、無硫黄加硫
 (2)加硫構造の最適化による耐熱老化性の向上
    ②Soluble Cure
    ③TOT-Nによる加硫
 (3)異種架橋剤の併用による耐熱老化性の向上

    ①バルノックPM
    ②HTS
    ③シランカップリング剤Si-69

2.老化防止剤と加硫物の耐熱老化性
 (1)酸化防止剤の相互評価と寿命
    ①アミン系老化防止剤の相互評価
    ②アミン系老化防止剤の高い酸化防止能の考察     
 (2)酸化防止能への影響因子と対策
    ①老化温度と酸化防止能
    ②酸化防止剤の併用と相乗効果

3.老化防止剤と加硫物の耐オゾン劣化性
 (1)NR用オゾン劣化防止剤の選定
    ①アミン系老防のオゾン老防への適用性
    ②3Cと6Cのオゾン老防としての特徴
    ③オゾン老防の持続性評価と対策
 (2)CR用オゾン劣化防止剤の選定 
 (3)NBR用オゾン劣化防止剤の選定

4.ゴム配合剤と加硫物の耐疲労劣化性
 (1)疲労劣化時の挙動
    ①疲労劣化に伴う加硫物の物性変化
    ②ゴム・充填剤・加硫形態の耐疲労劣化性への影響
 (2)加硫用薬剤による耐疲労劣化性の改善
    ①TOT-Nの活用
    ②HTSの活用
 (3)老化防止剤による耐疲労劣化性の改善

ゴムセミナーの開催情報をお届け
メルマガ登録はこちらこら!