ブリヂストン こどもエコ絵画コンクールで「佐賀工場長賞」表彰

2012年05月17日

ゴムタイムス社

 ㈱ブリヂストンの佐賀工場は、「第9回ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール」に応募された作品の中から、近隣の5つの小学校を対象に、独自に設けた賞の受賞作品を決定し、その表彰を実施した。

 同社グループでは、環境に対する取り組みの一環として、2003年から毎年こどもエコ絵画コンクールを開催している。このコンクールは、子どもたちの絵から見えてくる自然への思いをしっかり受け止め、大人の責任として大切な自然環境を未来の子どもたちに残していきたいという考えのもとで始められた。

 佐賀工場では、近隣小学校からの多くの応募に対する感謝の思いから、2009年に独自に「佐賀工場長賞」を設立した。毎年表彰式を実施し、副賞として本人の作品をプリントしたマグカップをプレゼントしている。また、2010年から「佐賀工場長賞」の作品を社有車にプリントし、受賞者との記念撮影なども行っており、近隣小学校との積極的なコミュニケーションを図っている。

 今回のコンクールでは佐賀工場へ1725作品の応募があった。「佐賀工場長賞」20作品を決定し、5月15日に上峰小学校で受賞者の表彰を行った。なお、上峰小学校は4年連続で「団体上位賞」を受賞している。また、多数のご応募を頂いた三田川小学校、脊振小学校、千代田西部小学校、神埼小学校でも今後表彰式を行う予定。

 佐賀工場では、今後も当コンクールの工場からの表彰をはじめ、プロサッカークラブであるサガン鳥栖のコーチによるサッカー教室開催や、工業団地の企業と協力して実施している「地域貢献清掃」など、地域に密着した活動に取り組んでいく。