東洋紡 包装用フィルムを値上げ

2012年04月12日

ゴムタイムス社

 東洋紡㈱は、包装用フィルムを5月1日受注分より値上げすると発表した。

 対象製品は、二軸延伸ポリプロピレンフィルム(OPP) で400円/連(20μm換算)、無延伸ポリプロピレンフィルム(CPP)で400円/連(20μm換算)、リニアローデンシティ・ポリエチレンフィルム(LLDPE)400円/連(20μm換算)となる。

 中東情勢の緊迫による原油価格の上昇、韓国・台湾等アジア地域での旺盛な石化製品需要を背景に国産ナフサ価格が高騰しており、オレフィン原料メーカーは強硬な値上げ要請を表明しており、包装用フィルムの安定供給を維持するためには、同社としても、レジン価格の値上げを受け入れざるを得ない状況となった。同社では、徹底したコストダウンに懸命に取り組んでいるが、設備の維持費用の増加に加え、副材料や物流費等の諸経費も上昇しており、自助努力だけでは吸収しきれない状況なため、ユーザーへの安定供給を果たすため、OPP、CPP、LLDPEフィルムの価格修正を決断した。

関連キーワード: