【合成ゴム特集】ダイソー  「エピクロマー」輸出が伸長

2015年04月18日

ゴムタイムス社

 本年10月に創立100周年を迎えるのを機に社名を「株式会社 大阪ソーダ」へ変更するダイソー。

 ダイソーは、耐熱性や耐油性、導電特性に優れ、自動車用のホースやOAロールなどに使用されるエピクロルヒドリンゴム(ECO)「エピクロマー」を生産。年1万1000t(水島工場)の生産能力を有し、世界シェアは6割を占める。 
 
 「エピクロマー」は同社のエピクロルヒドリンを主原料として、自社開発プロセスでモノマーからポリマーまで一貫生産された耐熱性、耐油性、低温特性などの物性バランスに優れた特殊合成ゴム。EP単独重合体、EP/EO二元共重合体、EP/EO/AGE三元共重合体の3タイプのグレードで展開している。

 主な用途は自動車用燃料系ホース・吸排気系ホースの自動車用分野に加え、

全文:約1042文字

【合成ゴム特集】ダイソー  「エピクロマー」輸出が伸長

キーワード: ··