三ツ星ベルト 2015年度入社式を開催

2015年04月02日

ゴムタイムス社

 三ツ星ベルトは2015年度入社式を開催した。

 新入社員に対する垣内一社長のあいさつは以下の通り。

 三ツ星ベルトグループに新たに入社される皆様方を心から歓迎し、お祝いを申しあげます。

 さて、三ツ星ベルトグループは国内に11社、海外に12社の子会社を持ち、伝動ベルト、コンベヤベルト、防水シート等のゴム製品を主力製品とし、関連製品として、樹脂製品、プーリ等の金属製品、新しい分野として、金属ナノ粒子製品や塗料等を製造・販売している「ものづくり」をしている企業であります。

 そして私達の顧客は、世界の自動車会社、OA機器メーカ、農機具メーカを中心としており、国際的な視野で物事を見る眼を養うことが非常に重要になってきております。つまり、顧客も、競争相手も、世界中にあるということです。

 また、激しく変化していく環境の中で今日までつくりあげてきた「高機能、高精密、高品質」の製品群と、新たに開発した製品群を市場に投入して、社会に貢献していくことを基本姿勢として取り組み、その結果昨年度は高いレベルの業績を確保できる見込みであります。このことは世界の三ツ星ベルトグループの総関係者が「信頼の結束」を合言葉に努力を重ねた結果であります。

 このような良い状況の中で皆様方をお迎えすることができることを大変うれしく思っております。

 本日から入社される皆様方には、特に以下の三点をお願いし強調しておきたいと思います。

 (1)三ツ星ベルトグループは「物づくり」を大切にしている企業であり、今後どの部門に配属されても「物づくり」の現場に足を運び、使用される材料、工程、製品の作り方、製品そのものを理解する努力をすること

 (2)常にレベルアップする努力を重ね、自分を磨き、豊かな人生を自分の手でつくるために精進すること

 (3)前例にとらわれたり、現状に満足すれば、その時点から衰退がはじまることを意識すること

 最初の2~3年は指示された仕事を確実にやりこなし、上司や同僚の信頼を得ることも大切です。そして失敗を恐れず、常に好奇心とチャレンジ精神を持って、仕事を実践する中で、成長されることを期待しております。

 これからは生活環境が変わりますので、自己管理を徹底し、健康と安全には十分気をつけ、若い力を発揮して、活躍されることを期待し、歓迎の挨拶と致します。

関連キーワード: ·