年頭所感 日本ミシュランタイヤ ベルナール・デルマス社長

2015年01月12日

ゴムタイムス社

 2015年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。平素は格別のご愛顧とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 ミシュラングループは、世界的に景気が不透明な環境下において苦戦を強いられましたが、全体的には良好な業績を収めることができました。
 日本の市場においては、4月の消費増税を前に需要が拡大しました。その後は反動減もあり厳しい期間もありましたが、徐々に回復が見られました。

 2014年にミシュランは、乗用車用タイヤにおいて2つの新製品を日本市場に投入いたしました。ウルトラハイパフォーマンススポーツカー向けのサーキットタイヤ「MICHELIN Pilot Sport Cup 2(ミシュランパイロットスポーツカップ2)」と、SUV用タイヤとしては業界初の低燃費タイヤに認定された「MICHELIN LATITUDE Sport 3(ミシュランラティチュードスポーツスリー)」を5月に発売しました。
 また、二輪車用タイヤでは、スポーツツーリングタイヤ「MICHELIN PILOT ROAD 4(ミシュランパイロットロード4)」を発売しました。

 これらすべての製品に共通しているのは、「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」と

全文:約2656文字