鬼怒川ゴム 中国で自動車部品生産  蕪湖市に製造子会社を設立

2011年01月06日

ゴムタイムス社

鬼怒川ゴム工業㈱は昨年12月24日、中国安徽省蕪湖市に自動車部品の製造子会社「鬼怒川橡塑(蕪湖)有限公司」を設立すると発表した。
中国の自動車市場は世界最大規模に成長し、今後も更に拡大が見込まれている。同社としても自動車部品の需要増大に対処するため、生産拠点の拡充強化に取 り組んできた。同時に新規顧客の開拓を積極的に進め、欧米系や中国の純民族系自動車メーカーからの受注獲得に注力した結果、純民族系大手の奇瑞汽車股?有 限公司との取引が決まり、2012年度半ばから部品納入を開始することとなった。
そのための生産拠点として今回、安徽省蕪湖市に新会社の設立を決めた。新会社は上海市や南京市、武漢市にも近いことから奇瑞汽車に加えて華東地区および内陸部の新規顧客開拓の拠点として事業展開を図る。
敷地は約3万8000平方㍍、建物面積は約1万3000平方㍍で、自動車用ゴム・樹脂部品を2012年半ばから生産開始の予定。販売計画は2012年度は5億円、2014年度には50億円を計画している。
〈新会社の概要〉
▽商号=鬼怒川橡塑(蕪湖)有限公司
▽所在地=安徽省蕪湖市鳩江区鳩江経済開発区
▽董事長=依田憲雄(鬼怒川ゴム工業㈱取締役常務執行役員)
▽事業内容=自動車用を中心としたゴムおよび合成樹脂部品の製造・販売
▽従業員数=約300名(2014年計画)
▽資本金=4億円(鬼怒川ゴム工業全額出資)

関連キーワード: ·