ゴムタイムス70周年の画像

東レ インドネシアに樹脂コンパウンド拠点を新設

2012年10月16日

ゴムタイムス社

 東レは15日、インドネシア共和国の子会社インドネシア・トーレ・シンセティクス(P.T.Indonesia Toray Synthetics、略称ITS)において、樹脂コンパウンド拠点の新設を決定したと発表した。約6億円を投じて年産6000トンのナイロン及びPBTの樹脂コンパウンド設備を導入し、2013年11月からの稼動を目指す。今回の新設により、ITSはインドネシアで初となるエンジニアリングプラスチックメーカーの樹脂コンパウンド拠点となる。
 インドネシアは年率6%の経済成長を続けるアセアン地域で最大の経済大国。モータリゼーションの進行に伴い、自動車の生産台数は、2011年の84万台から2020年には200万台超に拡大し、タイと並ぶ一大自動車生産拠点になると見られている。また、2010年には一人当たりのGDPが3000ドルを越え、家電など電気・電子製品の消費拡大も見込まれることから、自動車や電気・電子製品の現地生産化が進展している。このような事業環境を背景に、インドネシアでのエンジニアリングプラスチックの需要量は2011年の2・1万トンから年率約9%で成長し、2020年には4・5万トンにまで拡大する見込み。
 同社はナイロンの重合設備を有するITSにナイロンとPBTのコンパウンド設備を設置し、現地生産による顧客への素早い対応やきめ細かい技術サービスを提供することで、今後拡大するインドネシアでのエンジニアリングプラスチック需要をいち早く確実に取り込み、事業拡大を図っていく方針。
 同社は現在進行中の中期経営課題「プロジェクトAP‐G2013」における成長戦略の一つとして、中国をはじめとする成長著しい国や地域で積極的に事業拡大を図る「アジア・新興国事業拡大(AE)プロジェクト」を推進している。今回のインドネシアにおける樹脂コンパウンド拠点設立もこのAEプロジェクトの一環であり、同社は今後も大きな経済成長が見込まれる国や地域での事業拡大を通して当該国・地域の経済発展に貢献し、自らも持続的な成長拡大を目指していくとしている。
 ITSは1971年10月に設立。所在地はインドネシア共和国バンテン州タンゲラン市。資本金は1億480万USD(81万4700万円)。株主構成は東レ92・37%、EASTERNTEX7・63%。代表者は伊藤紳社長。事業内容はナイロンの重合・製糸(フィラメントヤーン)、ポリエステルの重合・製糸(フィラメントヤーン・ステープルファイバー)。

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー