第1回 高機能プラスチック展 東京ビッグサイトで開幕

2012年04月17日

ゴムタイムス社

 「第1回 高機能プラスチック展 (プラスチック ジャパン)」が4月11日〜13日までの3日間、東京ビッグサイト で開催された。主催はリード エグジビション ジャパン㈱。

 同展は高機能プラスチック(FRP、エンプラなど)に特化した専門展。

 1100点以上の材料、装置、加工技術などの新製品・最新技術材料が披露され、金属代替、軽量化などの課題解決の場を提供した。同展では約250社が参加。  ゴム・樹脂関連企業は次の通り。

 

 クレハ
 ポリグリコール酸樹脂(PGA)「Kuredux」を紹介した。同製品は生分解性のポリエステル樹脂。同社が独自の技術により世界で初めてPGA樹脂の大量生産に成功。性能をパネルでわかりやすく解説し、製品の加工例を展示した。
 アロン化成
 高熱伝導熱可塑性エラストマー「グレイザード」をはじめ、スチレン系熱可塑性エラストマーコンパウンドなどの同社が重点する製品をパネルで展示。
 「グレイザード」はLED関連で使用され、熱可塑性樹脂成形による自由な製品設計、量産が可能な製品。
 ホッティーポリマー
 新製品のポリ乳酸を使用した特殊な軟質樹脂製品「Ecoフレキシール」などを展示した。今回は動画や実際に訪問者に製品を触ってもらうことで性能を理解してもらう工夫をした。また外国人の訪問者にはIPADを使用しながら解説した。
 三井化学
 超耐熱・熱可塑性ポリイミド樹脂「オーラム」、環状オレフィンポリマー「アペル」などの重点製品をパネルで紹介。製品の加工例を展示することで製品の機能性を理解できるブース作りをした。
 ホーライ
 小形軟質材料用粉砕機「ZI・SRシリーズ」などを中心にフィルム・シート用粉砕機を展示。ブースでは同機械の実演できるスタイルをとり、粉砕したサンプル品を展示するなどリサイクルの製造ラインをわかりやすく紹介した。