信越化学 白河・ 鹿島いぜん操業停止

2011年04月11日

ゴムタイムス社

信越化学工業は、東日本大震災の影響による復旧状況(第6報)を明らかにした。3月25日現在における状況は、前回発表から大きな変化はなく、鹿島工場(茨城県神栖市)および信越半導体白河工場(福島県西郷村)の2工場が操業を全面停止している。
白河工場は、全面的な点検作業には至らず、製造設備での損傷が認められている。現段階では、それら設備等の損傷の復旧にどの程度の時間を要するかは明確 ではない、としている。同社としては、一日も早い復旧に全力で取り組むが、当面は限定された生産能力に基づく生産、出荷対応となる見込み。
鹿島工場は、現在までに一部の製造設備で損傷が認められ、また、同工場の位置する鹿島コンビナート全体でも大きな損傷が認められている。港湾設備や道 路、コンビナートの電気・水等ユーティリティ設備などで損傷が認められるほか、原料の供給についても復旧に時間がかかる見込み。
また、東京電力および東北電力の計画停電により、これに関係する同社工場が一部影響を受けている。同社としては、電力の削減、使用抑制に協力するが、安 全上の問題等で連続生産が必要な設備もあり、電力の安定供給のお願いも行う計画。

関連キーワード: