ゴムタイムス70周年の画像

ランクセス バイオ原料使用のEPDM(合成ゴム)を世界で初めて製造

2011年09月30日

ゴムタイムス社

   ドイツの特殊化学品メーカーのランクセス(LANXESS)は、バイオ原料を使用した世界で初めてのエチレン・プロピレンゴム(EPDM)の商業生産を年末までに開始すると9月30日発表した。
 通常、EPDMは石油系原料であるエチレンとプロピレンから製造されるが、今回、ランクセスは、石油系原料の代替として、再生可能な原料であるサトウキビで製造されたエチレンを使用する予定。
 このバイオエチレンは、ブラジル産のサトウキビからエタノールを脱水させることによって生成される。ブラジルのブラスケム社(Braskem S.A.)が、トリウンフォにあるランクセスのEPDM工場にパイプラインを経由しバイオエチレンを供給する。
 トリウンフォ工場では現在、EPDMを年間4万トン製造しているが、同工場でバイオエチレンを使用した数百トンの「ケルタン エコ(Keltan(R) Eco)」を製造する予定。 ランクセスはヘレーン工場(オランダ)、マール工場(ドイツ)およびオレンジ工場(米国テキサス州)でEPDMを製造しており、将来、EPDMの全グレードは「ケルタン(Keltan)」の商標名で販売する計画。ランクセスは9月21日にドイツのデュッセルドルフで開催された「Rubber Day Germany」で、「ケルタン エコ」を初公開した。

関連キーワード: ··

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー