東洋ゴム 低燃費タイヤ新製品を2月より発売

2015年01月08日

ゴムタイムス社

 東洋ゴム工業は1月7日、ウルトラ・ハイパフォーマンス(UHP)タイヤの同社グローバル・フラッグシップブランド「プロクセス」シリーズより、「プロクセス CF2 SUV」ならびに「プロクセス CF2」を新たに開発し、2015年2月より順次発売すると発表した。

 価格はともにオープン。

 両製品とも国内タイヤラベリング制度における、転がり抵抗性能「A」、ウェットグリップ性能「b」を満たした低燃費タイヤとなっている。また、「プロクセス CF2 SUV」はSUV向けタイヤとして同社初の全サイズ低燃費タイヤとなる。
 「プロクセス CF2 SUV」は、サイズ面での使い勝手の良さ、ハイブリッドやクリーンディーゼルといった環境性能から近年人気が高まっている、コンパクト~ミドルサイズSUV向けに開発したSUV専用低燃費タイヤ。スムーズなハンドリング性能と上質で快適な乗り心地を実現するとともに、同社の材料設計基盤技術「ナノバランステクノロジー」を駆使し、濡れた路面でのブレーキング時の安心感、そして低燃費性能の向上を実現した。新配合のトレッドコンパウンドと低燃費サイドウォールの採用により、転がり抵抗を従来品に比べ23%低減、また、ウェット制動距離を同じく3%短縮している。

 「プロクセス CF2」は、すでに2012年春から欧州で展開を開始している乗用車用低燃費タイヤ。タイヤラベリング制度が実施されている欧州においても、その優れたウェットグリップ性能や操縦安定性の良さから高い評価を得ている。今回、日本に導入することで、同社低燃費タイヤの製品ラインアップをさらに充実させていく。

 「プロクセス CF2 SUV」、「プロクセス CF2」は、千葉県・幕張メッセで開催される、「トーキョーオートサロン 2015 with NAPAC」のTOYO TIRESブースでも展示する予定。

関連キーワード: ·