JATMA 第46回東名浜名湖SAタイヤ点検実施 全車種で整備不良率改善

2014年11月17日

ゴムタイムス社

 日本自動車タイヤ協会(JATMA、野地彦旬会長)は11月12日、「第46回東名高速道路浜名湖サービスエリアタイヤ点検」を実施した。後援は経済産業省、国土交通省、日本自動車工業会。協力は中部運輸局、静岡県警察本部交通部高速道路交通警察隊など7団体。

 同事業はタイヤ点検を実施することにより、タイヤの整備不良などに起因する事故の未然防止を図り、あわせてアンケート調査を実施することでユーザー意識の把握と適正使用・メンテナンスの重要性を訴求することが目的。

 JATMAは従来、夏休みに入る時期(7月下旬)をターゲットとして同事業を実施してきたが、猛暑・異常気象の兆しなどを考慮し、国土交通省が推進する「自動車点検整備推進運動強化月間(9月・10月)および、経済産業省ほか関係省庁が推進する「エコドライブ月間(11月)」のプレイベントとして位置づけ、3年前から10月開催に切り替えた。

 11時から開催されたセレモニーには、経済産業省製造産業局化学課古賀係長、NEXCO中日本東京支社浜松保全サービスセンター小島副所長、静岡県トラック協会窪田常務理事ら来賓が出席した。

 JATMAの奥田慶一郎専務理事は「昨年のタイヤ点検においても、乗用車での空気圧不足、トラックでの偏摩耗、ミゾ不足などが確認されており、まだまだタイヤの点検整備が十分に行われているとは言えない状況だった。この春に行ったWebアンケート調査では、

関連キーワード: