信越ポリマー 子会社がタイに販売会社を設立

2014年05月12日

ゴムタイムス社

 信越ポリマーはこのほど、100%子会社であるShin―Etsu Polymer Singapore Pte. Ltd.(以下SP社)がタイ国バンコク市に、国際調達事務所(IPO)制度を利用してShin―Etsu Polymer(Thailand) Ltd.を設立し、5月2日から業務を開始したと発表した。
 IPO制度はタイの投資優遇制度のひとつで、タイに国際購買の拠点を誘致するための優遇措置。この設立により、SP社はタイ国内販売の強化と現地調達ルートを開拓していくとしている。
 SP社は2007年4月、タイ国の既存ユーザーへのサービス体制の強化と新規マーケット拡販に向けて駐在員事務所を開設し、タイ国マーケット市場の調査・情報収集をしてきた。今後、タイ国内での事業を発展させていくために、直接仕入れ・販売を行う方針。
 今後、タイ国を拠点として、OA機器用部品、自動車用入力デバイス(キースイッチ)、コンパウンドなど信越ポリマーの取扱製品をタイ国内へ販売し、一部の製品については、現地調達ルートを開拓してマレーシア、インドネシアなどアセアン地区へ販売していく。経済成長が著しいタイ国に拠点を設置することで、既存ユーザーに対しては製品技術・品質サービスの提供を行う一方、タイ国内の電子・電気部品関連、自動車関連などの市場開拓の可能性を広げていくとしている。

関連キーワード: