帝人 ポリカーボネート樹脂を値上げ

2014年02月28日

ゴムタイムス社

 帝人は2月26日、ポリカーボネート樹脂を値上げすると発表した。
 3月17日出荷分より実施予定。
 対象製品は、樹脂では「パンライト」(ポリカーボネート樹脂)と「マルチロン」(ポリカーボネート系アロイ樹脂)、樹脂加工製品では「パンライト」シート(ポリカーボネート樹脂シート)、「パンライト」フィルム(ポリカーボネート樹脂フィルム)。
 値上げ幅は、「パンライト」で国内が40円/kg以上、海外が0・40USD/kg以上、「マルチロン」で国内が45円/kg以上、海外が0・45USD/kg以上、「パンライト」シートは国内で50円/kg以上、「パンライト」フィルムが国内で50円/kg以上。
 同社は値上げ理由を、同社のポリカーボネート樹脂の主原料であるビスフェノールAの価格が粗原料であるベンゼンの価格高騰の影響を受け、当初の想定を超えて上昇しているためとしている。

関連キーワード: