ゴムタイムス70周年の画像
ゴム配合・成形トラブル事例とその対策のバナー

沿革

 『ゴムタイムス』紙は、第二次大戦直後に発足した(株)総合通信社の産業別通信の一環として『護謨タイムス』として創刊されました。
本誌の創刊時のゴム業界は、戦後の動乱期で世情は混乱を極め、ゴム業界も物情騒然の状態でした。業界においても、ゴム産業界の動向を迅速、的確に報道する本格的ジャーナリズムの登場が渇望されており、本誌の創刊はまさに時宣を得たタイムリーなものでした。以来今日まで65年に亘り業界専門誌としてゴム産業界と共に歩んで来ました。

 昭和27年に総合通信社から分離独立して(株)護謨タイムス社としてスタート。(昭和39年ゴムタイムス社に商号変更)。引き続き『ゴムタイムス』の発行、『ゴム産業名鑑』ほか多数の刊行物、『世界ゴム事情調査団』など各種の付帯事業を実施して参りました。業界のニーズをとらえた企画は関心を呼び、業界の発展に寄与しております。

1946年(昭和21年)10月 株式会社総合通信社の産業別通信の一環として『護謨タイムス』(現在はゴムタイムス)を創刊。
1949年(昭和24年) 7月 『ゴム産業名鑑』を発刊。以後、融年で刊行。
1950年(昭和25年) 1月 神戸・三越百貨店でわが国で初めての「全国特選ゴム製品展示会」(通産省後援)を開催。引き続き大阪、名古屋、東京、仙台、札幌、京都、福岡など各地の有名デパートで「ゴム製品展示会」「ゴム・プラスチック展」を開催。
1952年(昭和27年)10月 総合通信社から独立し株式会社ゴムタイムス社を設立、『ゴムタイムス』および『ゴム産業名鑑』を引き継ぎ今日に至る。
1953年(昭和28年) 「全国優良ゴム履物コンクール」を主催、以降10数年にわたりゴム履物、ケミカルシューズの技術・品質向上と流通市場の適正化に寄与した。同コンクールは、その後、全日本ゴム履物卸商業組合連合会に実施権を委嘱、1970年まで行われた。
1956年(昭和31年)10月 ゴムタイムス創刊10周年を契機に、以降、5年ごとに業界懇親の集いとして「記念会」を開催。
1958年(昭和33年) 「’58世界貿易産業博覧会」(門司市)、にゴム・プラスチック館を建設し、ゴム・プラスチック産業界の業況を紹介。
1959年(昭和34年)10月 「世界ゴム事情調査団」を編成し、世界のゴム・プラスチック業界を視察。今日まで百数回におよぶ調査団を派遣。
1960年(昭和35年) 関東ゴム人ゴルフ大会を初めて開催。
1964年(昭和39年)1月5日 商号を「株式会社ゴムタイムス社」に変更。
同年4月 ゴム専門紙として初めて「社団法人日本専門新聞協会」に加盟。
1975年(昭和50年)10月 「週刊ゴムタイムス縮刷版」を創刊。「IRC75東京」開催に協賛して英文紙『The Rubber Times』を発刊。
1976年(昭和51年)10月 日本のゴム産業を海外へ紹介する目的で英文ゴム年鑑『Rubber Industry In Japan』を創刊。
1977年(昭和52年)11月 オールゴム人ゴルフ大会を主催。1987年11回大会まで開催。
1986年(昭和62年)10月 ゴムタイムス紙創刊40周年記念会を開催
1996年(平成 8年)10月 ゴムタイムス紙創刊50周年を迎える。
2006年(平成18年)10月 ゴムタイムス紙創刊60周年を迎える。