ブリヂストン SUVタイヤがレクサスNXに新車装着

2014年08月06日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは8月5日、「レクサス NX」に新車装着用タイヤとして、「デューラー H/L 33」を納入すると発表した。

 「レクサス NX」はレクサスが国内では7月29日に発売、グローバルでも今後発売が予定されている新型コンパクトクロスオーバーSUV。

 装着タイヤは、低燃費性能と操縦安定性能を高度に追求したコンフォートSUVタイヤであり、同車の特長である優れた操縦安定性能と低燃費性能の実現にあたり、重要な役割を果たしている。サイズは、225/60R18 100H、235/55R18 100Vの2サイズ。

 同製品は、オンロード(舗装路)から本格的なマッド(泥ねい)路面まで、豊富な製品ラインアップにより多くの顧客に好評のSUV/4×4用タイヤブランドで、世界を代表するプレミアムSUVの新車装着承認も多く獲得している。同社は、今後も同ブランドのグローバル展開、新車装着の拡大を積極的に進めていくとしている。

 装着車両「レクサス NX」は、LEXUS初のコンパクトクロスオーバーSUV。新開発2・0Lターボエンジン搭載により、優れた走行性能と環境性能を両立した「NX200t」と、2・5Lハイブリッドシステムにより、クラストップレベルの環境性能を誇る「NX300h」をラインアップしている。

関連キーワード: