取材メモ 太陽光発電事業の魅力

2014年06月09日

ゴムタイムス社

 オカモトの決算説明会の質疑応答で、太陽光発電事業をどう位置付けているか、という内容の質問があった。

 これに対し、岡本良幸社長は、当初は「損しない程度にやろう」と思っていたものの「意外に成績がいいことから、第2期工場まで踏み込むことになった」背景を説明した。

 岡本社長によると、太陽光発電設備の償却は7年ほどで終わるものの、20年間で売電収入がネットで約5億円入る。しかも、

全文:約349文字

関連キーワード: