昭和電工 家族見学会を開催

2014年04月24日

ゴムタイムス社

 昭和電工は、3月25日に龍野事業所で「第3回家族見学会」を開催したと発表した。
 従業員の家族を対象とした家族見学会は、参加した16家族51名を2グループに分けて見学を行った。
 エマルジョン製造職場では、普段の仕事ぶりと工場設備を実演も交えて楽しく紹介した後、製品である接着剤のサンプルを混ぜて粘度を当てるクイズを行った。
 エマルジョン開発職場では、開発内容の説明の後、粘着剤を使って各自持参した写真や切り抜きをシールにする体験を行った。ハイパック製造職場では、大きな機械でチャックテープを作っているところを見学し、原料や製品に触れる機会を作った。
 食堂で家族そろっての昼食の後、龍野事業所クイズを出題して事業所のことをよく知ってもらい、同事業所製品が使用されている商品を中心とした土産を持ち帰ってもらった。
 さまざまな企画を行い、アットホームな雰囲気での見学会となり、アンケートでは「おもしろかった」という声が多数寄せられた。平日の稼働日に開催したことで「製造の様子や製品が使われているものがよくわかった」という意見のほか、「食堂の昼食がおいしかった」「また来たい」など好評が寄せられた。
 同事業所では、今後もこうした見学会を継続して実施し、家族や地域に信頼される同事業所を築いていきたいとしている。

関連キーワード: