住友ゴム 2014年度入社式を開催

2014年04月03日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は4月1日、2014年度入社式を本社にて開催した。
 総合職75名の新入社員に向けた池田育嗣社長のあいさつは以下の通り。
 当社グループを取り巻く事業環境は昨年も厳しいものでした。世界経済全体では底堅さが増してきましたが、いずれの事業でもグローバルで競合他社との競争が激化してきています。しかしながら、こうした厳しい環境の中でも住友ゴムグループの2013年度業績は、過去最高の売上、利益を更新し、4年連続の増収増益を達成しました。このように、ビジネス環境が悪い状況でもしっかりと実績をあげせいちょうをけいぞくできているのは、「住友の事業精神」とそれをベースとした「住友ゴムWAY」に則って先輩たちが長年にわたり培ってきた強い経営基盤と社員の団結力の結果です。
 今年は一昨年に発表した「VISION 2020」実施の二年目、そこで掲げた中期目標の実現に向けた「正念場の年」と位置付けています。皆さんには一日も早く成長し、それぞれの持ち場で活躍し、「VISION 2020」達成の原動力となってくれることを期待しています。そこで社長として3つのお願いをしたいと思います。
 1・基本をしっかりと身につけ、成長の基盤を固める
 「VISION 2020」で「高収益・高成長の真のグローバルプレイヤーになる」ことを目標に掲げていますが、基盤がしっかりしていなければ完璧なものを作ることはできません。業務のルールや基本ができた過程や背景まで含めて理解していれば、大きな変化があっても対応できますし、その変化をチャンスに変えることができるはずです。世界のどこに行っても通用する人材になるために、基本をしっかり身につけてください。
 2・縦と横のつながりを大切にする
 縦のつながりとは「自らが属している部門、組織の中でのつながり」、横のつながりとは「部門や組織を超えたつながり」です。今後、より厳しい競争が予想される中では、起こった変化に対応するだけではなく、起こりうる変化を事前に察知し、準備しておくことが益々重要になります。そのためには縦と横のつながりの強い、変化に揺るがない組織を形成することが大変重要です。まずは横のつながりである同期との絆を深め、固いつながりを作ってください。そして同期からその周りの人、そして社外の人へと横のつながりを強めることで、自らの能力を高めていってください。
 3.夢を持ち、新しいことへどんどん挑戦する
 当社はこれまで世界初、日本初の製品を多く世に出してきました。昨年は世界で初めて100%石油外天然資源タイヤを発売しましたが、これは環境問題への対応もさることながら、フロンティア精神をもった当社の「タイヤ材料には石油製品を使うもの」という常識への挑戦でした。私たちはこれからも夢のある製品、世界の経済発展に貢献する製品、地球環境の保全に大きな価値をもたらす製品を世に送り続けられるように挑戦を続けていきます。
 皆さんも夢を持ち、次の世界初、日本初は自分が作るという気概を持って、新しいことにどんどんチャレンジしてください。皆さんの斬新なアイデアとフレッシュな力に期待しています。
 最後に、公私において人間力を高めてください。信頼され、尊敬される人間はどこでも通用します。国際人として自分を高め、自立した社会人となるよう意識して行動してください。皆さんの夢の実現と住友ゴムグループの更なる成長、そして社会への貢献といった大きな使命の実現に向け、一緒に頑張っていきましょう。

関連キーワード: