東京オートサロン14 タイヤ各社がスポーツタイヤ訴求  

2014年01月20日

ゴムタイムス社

 エアロパーツを装着してチューンアップを施したカスタマイズカーや、関連製品を展示するイベント「TOKYO AUTO SALON 2014 with NAPAC」が1月10日~12日の3日間、千葉・幕張メッセで開催された。
 東京オートサロンはカスタムカー文化の確立を目指し1983年に「東京エキサイティングカーショー」としてスタートし、年々規模を拡大している。総出展者数は452社、展示車両は840台、来場者は29万6714名といずれも過去最大となった。国内の大手自動車メーカー全8社がリーマン・ショック以来6年ぶりに出展し、メルセデス・ベンツも初参加した。

 ブリヂストン
 「POTENZA」ブランドとレーシングカーを中心に展示。モータースポーツの魅力や車の楽しみ方を来場者に提案した。
 展示商品は「POTENZA S001」「POTENZA REー11A」「POTENZA RE―11A2・0」など。
2月1日発売開始の「POTENZA Adrenalin RE002」もタイヤキャリーに載せられた状態で展示した。
 レーシング車両では、SUPER GT500の「LEXUS TEAM LeMans ENEOS」車両、86/BRZレース出走車、新商品の「Adrenalin RE002」を装着したアウディAS SPORTのなどを展示した。
 SUPERGT300レーシングカー『ARTA CRーZ GT』は、実際にシートに座り、ハンドルを握ることができる試乗コーナーも用意した。
 特設ステージでは、参戦ドライバーのトークショー等を開催。その模様は今年もUSTREAMで生中継した。その他、2月1日より発売開始のSUV用タイヤ「DUELER H/L 850」も展示、グッズの販売も行った。
 
 横浜ゴム
 ブースでは「ADVAN」のハイパフォーマンス性能をテーマに、ドレスアップユーザーや若い世代にADVANブランドを強力にアピールした。
 今回はドレスアップユーザーに人気の高いYOKOHAMAアルミホイールもブースを分けて展示した。
 タイヤブースでは、ハイパワー・プレミアムカー向けタイヤ「ADVANスポーツV105」やストリートスポーツタイヤ「ADVAN NEOVA AD08R」、最高峰コンフォートタイヤ「ADVAN dB」など「ADVAN」ブランドの主力商品を紹介した。 13年SUPERGT500クラスにADVANレーシングタイヤで参戦した「D station ADVAN GT-R」も展示した。
 抽選でADVANグッズが当たる来場者参加型イベントも開催した。
 ホイールブースでは14年度に発売予定の最新モデルや追加サイズを中心に、「A.V.S」シリーズやスポーツ系アルミホイール「ADVAN Racing」シリーズを一堂に紹介した。

 住友ゴム工業 
「DUNLOPクオリティ~「移動」や「嗜好」に更なる満足を!~」をテーマに、一般道からサーキットまで幅広いシチュエーションで使用される、最新技術を投入した各タイヤを展示した。
 それぞれの持つ世界観を「道」を共通テーマに演出、ブース中央にレーシングコースを再現した大がかりな展示を行った。
 2月から発売を開始するハイグリップスポーツタイヤ「ディレッツァ ZII★」の性能を大きなパネルを用いて訴求したほか、次世代工法NEO―T01で製造されたタイヤも紹介、ドライブシュミレーターでタイヤの真円性などを実感できるコーナーも用意した。
3月に発売されるオンロード向けSUV用タイヤ「グラントレックPT3」もレンジローバーに装着して展示した。

 東洋ゴム工業
 「PERFORMANCE Showcase」をテーマに出展。
 14年1月14日より順次発売する予定のラグジュアリーミニバン専用タイヤ「TRANPATH LuII」、軽自動車専用プレミアムタイヤ「TRANPATH LuK」、「PRPXES T1スポーツ」を含む6商品が装着された車両を展示した。
 また、昨年好評だった「音」「光」「映像」とゴーゴーダンサーチーム「CYBERJAPAN DANCERS」によるボディパフォーマンスをバージョンアップし、各展示車両の世界観をダンスを通じて表現した。

 日本グッドイヤー
 前年の「60年代を彷彿させるアメリカンなドライブイン」に続き、今年も「GOODYEAR POLICE DEPARTMENT」と題したアメリカン・ポリスをテーマに華やかに出展した。 グッドイヤー「EAGLE」ブランドは、各州警察のポリスカーへのタイヤ供給で、多くのシェアを占めている。ブースでは実際の新旧ポリスカー2台を展示。
 初日には、スペシャルゲストとして東国原英夫さんと元AKB48の河西智美さんが登壇してのトークセッションも開催された。2月1日発売予定のイーグルRVFも紹介した。

 ピレリ
 ウルトラ・ハイパフォーマンスタイヤの「P ZEROシリーズ」、グリーンパフォーマンスタイヤの「チントゥラートシリーズ」、SUVタイヤの「スコーピオンシリーズ」を展示するとともに、F1で使用されるタイヤも紹介した。 
 チントゥラートシリーズの新製品として、「チントゥラートP1ヴェルデ」も紹介した。同タイヤは欧州におけるラベリング制度を高い次元でクリアする為、チントゥラートP1をベースに開発されたタイヤ。日本市場へは14年1月より順次導入される。

関連キーワード: