バンドー化学 「CSR報告書2015」を発行

2015年08月31日

ゴムタイムス社

 バンドー化学は8月31日、2014年度の同社グループのCSR活動の取り組み実績をまとめた「CSR報告書2015」(A4版、カラー40ページ)の発行を発表した。

 同社グループは、CSR推進テーマとして「コンプライアンス・企業倫理」「環境」「品質」「人権・労働・安全」「社会貢献」「情報開示」の6つを定めて活動を行っている。

 同報告書では、同社グループのCSR活動について、環境報告と社会性報告の形にまとめて報告している。

 主な内容としては、企業概要およびCSR推進体制として、「ご挨拶」「CSRマネジメント」「ガバナンス・内部統制・コンプライアンスと情報セキュリティー」。

 環境報告として「エコ・ムービングの取り組み」「環境基本方針/環境目標」「環境対応製品の開発促進」「資源循環型社会の形成」「エネルギー使用量の削減の取り組み」「環境汚染物質の削減」「生物多様性活動の推進」。

 社会性報告として「『バンドー神戸青少年科学館』ネーミングライツの展開がスタート」「ワーク・ライフ・バランスの充実に向けて」「従業員が働きやすい職場環境づくり」「危機管理への対応」「社会貢献活動の推進」「お客様のために/取引先のために」「株主・投資家のため」。

 最後にサイトレポートが掲載されている。また、添付資料として「CSR報告書2015」も。

 同社ホームページ(http://www.bando.co.jp)のトップページより、「CSRの取り組み」を選択し、「CSR報告書」のボタンをクリックすることで閲覧が可能。

関連キーワード: ·