ブリヂストン 彦根工場が淡水魚を近隣小学校に提供

2015年07月29日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは7月28日、同社の彦根工場が7月7日に、「びわトープ」で繁殖した絶滅危惧種に指定されている淡水魚のカワバタモロコ60匹を東近江市立湖東第二小学校のビオトープに提供したと発表した。

 これは、2011年より「びわ湖生命(いのち)の水プロジェクト」において同社と共同研究している三重大学の研究員(リサーチフェロー)の鈴木規慈氏からの提案に応じたもの。カワバタモロコの贈呈は全校生徒が集まった「ビオトープの集い」で行われ、6年生の児童の手により同校のビオトープに放流された。

 カワバタモロコは、絶滅危惧種に指定されている淡水に生息する体長約5cmの魚類。近年、琵琶湖周辺の小中学校等教育施設を中心に、その繁殖活動に取り組む団体が増えてきており、いち早く繁殖に成功した同工場としては「びわトープ」で育ったカワバタモロコや、「びわトープ」の設計・管理技術を提供することで、琵琶湖の生態系を取り戻す活動を支援していく予定。

関連キーワード: ·