【タイヤ特集】ポスト低燃費へ動き加速

2015年04月11日

ゴムタイムス社

 2010年1月よりスタートしたグレーディングシステム(等級制度)による「ラベリング制度」は、タイヤの転がり抵抗性能とウェットグリップ性能をわかりやすく定義付けし、ユーザーが低燃費タイヤを選ぶときの一つの基準としてすっかり定着した。

 JATMA(日本自動車タイヤ協会)によれば、2014年における低燃費タイヤの普及率は6割を超えており、低燃費性能を前面に押し出さない製品でも、ごく普通にラベリングが掲示される状況となっている。

 こうした傾向はタイヤ性能の底上げとも言える一方、

全文:約574文字

関連キーワード: