タイヤ4社の15年12月期業績予想 タイヤ事業は増収増益見込む

2015年03月09日

ゴムタイムス社

ブリヂストン
全項目で過去最高を予想

 ブリヂストンは15年12月期の連結業績予想を、売上高3兆9800億円で前期比8・3%増、営業利益5190億円で同8・6%増、経常利益5010億円で同8・2%増、当期純利益3190億円で同6・1%増と見込んでいる。

 部門別では、タイヤ事業の売上高が3兆3400億円で同8%増、営業利益は4640億円で同6%増、多角化事業は売上高が6600億円で同10%増、営業利益は540億円で同28%増とし、タイヤ・多角化ともに増収増益を予想している。

 所在地別セグメント業績予想では、国内は売上高1兆2500億円で同1%減、営業利益は2200億円で同5%増の見込み。米州は売上高1兆9900億円で同13%増、営業利益2070億円で同15%増の見込み。欧州は売上高4300億円で同2%減、営業利益は200億円で同2%減と予想。その他地域については、売上高9500億円で同13%増、営業利益870億円で同30%増を見込んでいる。

 15年通期のタイヤ生産予想(ゴム量)は、国内生産が50万t、海外生産は144万t、うち米州61万t、欧州23万t、その他60万t、合計では194万tを予想。その結果、海外生産比率は74%となる見込み。

 通期の設備投資額はタイヤが3150億円で同17%増、多角化が320億円で同14%増、合計で3470億円で同17%増を計画している。

住友ゴム工業
海外で積極的な能増投資

 住友ゴム工業は15年12月期の連結業績予想を、売上高9000億円、同7・4%増、営業利益900億円、同4・3%増、経常利益880億円、同横ばい、当期純利益550億円、同3・4%増と見込んでいる。

 セグメント別では、タイヤ事業は売上高7800億円で同7%増、営業利益850億円で同8%増と増収増益を見込んでいるが、

全文:約1931文字