ゴムタイムス70周年の画像

ブリヂストン エコピアの森那須塩原で森林整備

2014年12月17日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは12月15日、同社栃木工場と那須工場が12月7日に那須塩原市の「エコピアの森 那須塩原」で那須塩原森林組合と合同で森林整備活動を行ったと発表した。

 当日は、合計で37名が参加した。

 同社は2013年に、栃木県、那須塩原市と協定を締結し、那須塩原市の市有林3・0haの森林保全活動に取り組んでいる。同社従業員も積極的に参加し、生物多様性保護を目指した森づくりを進めている。

 同プロジェクトでは、低燃費タイヤ「エコピア」の売上の一部を森林整備活動に寄付(新車装着用を除く日本向け「エコピア」全商品が対象)するほか、森林整備は森林組合などの専門家が原則行い、同社近隣事業所の従業員もボランティアで参加している。また、近隣事業所が主体となって、従業員をはじめ地域住民や顧客に、森林教室などの自然に親しんでもらえるイベントを実施している。

 2工場は、今後も、環境汚染を未然に防止するとともに、那須塩原の豊かな自然を後世に引き継いでいけるよう、CO2排出量削減活動や環境改善活動、緑化推進活動などを推進していくとしている。

関連キーワード: ·