取材メモ 反動減は想定内だったのか

2014年08月04日

ゴムタイムス社

 4月の消費増税による仮需の反動減は、どの企業にとっても大きな懸念材料だった。ただ、ふたを開けてみると「4~6月は、思ったほど落ち込まなかった」と安堵した反応が多く、7~9月の回復に期待する声が高まっている。

 今後の企業活動の発展には、内需の回復とともに、円安を背景にした輸出の堅調な伸びも必要だ。

 しかし、財務省が発表した貿易統計によると、

全文:約596文字

関連キーワード: