ゴムタイムス70周年の画像

JATMA 「4月8日タイヤの日」を開催

2014年04月14日

ゴムタイムス社

 日本自動車タイヤ協会(津谷正明会長 以下JATMA)は4月8日、東北自動車道・羽生パーキングエリア(下り線)で「4月8日タイヤの日」イベントを実施した。
 「4月8日タイヤの日」は、JATMAおよび全国タイヤ商工協同組合連合会等の3団体が2000年に創設したもので、今年で15回目。
 同イベントの開会式で津谷会長は「JATMAは『安全と環境』の二つを基軸に啓蒙活動を進めてきた。適正なタイヤの内圧は、安全と環境の双方に重要な役割を果たしている。内圧が低ければ危険度が増して安全が保てなくなる一方、適正な内圧であれば燃費が向上し、CO2の削減にもつながる。昨年の点検では全国で約2割の車に空気圧不足が見られた。我々の活動もまだまだ足りない面があり、今後も継続して発信していきたい。今日の点検は安全確認のために行うものであり、安全最優先で点検活動をお願いしたい」とあいさつした。
 続いて、イベントに協力した関連団体から

全文:約918文字

関連キーワード: