ゴムタイムス70周年の画像

ムーンスター 外反母趾サポートインソール搭載靴を発売

2014年01月20日

ゴムタイムス社

 ムーンスターは、足のアーチを支える設計で軽度の外反母趾またはその予備軍でも安心して着用できる「外反母趾サポートインソール」搭載シューズを、2014年2月下旬より全国の百貨店・靴専門店・量販店にて随時発売すると発表した。
 外反母趾サポートインソール SP0303は、価格9800円(税抜)、素材は天然皮革で、ヒール高は約3・5cm、カラーはアイボリー、レッド、ブラック、ライトブラウン。サイズは22・0から24・5cm(3E)まで。内側にファスナー付。
 快適な歩行には、母趾(足の親指)・小趾・踵の3点を結ぶアーチ状の骨格が着地の衝撃を緩和させ、安定した重心移動を促す重要な役割を果たす。疲労や加齢による筋力低下でアーチが落ち込むと、このクッション機能が低下し、歩行の痛みや、開張足・扁平足・外反母趾等の足の変形を引き起こし、やがて体の各部の不具合、機能低下などを引き起こす原因ともなる。特に外反母趾は、骨格が柔らかい上、爪先の尖った形状の靴や締め付けの強いストッキングや靴で足を圧迫する女性に多くみられる。
 同社は足の健康のために、アーチをしっかり支える靴を提案する。「外反母趾サポートインソール」は踵とアーチに沿った立体形状に設計し、足の本来の自然な状態に近づけることで、衝撃吸収や重心の安定といったアーチの本来の機能を高める。また、インソールが立体的で接触面積が広いので足にやさしくフィットし前すべりを抑え、爪先や外反部分の圧迫を和らげる。同商品は、アーチ構造をしっかり支える一方で、足の甲と踵はしっかりホールドし、つま先を締めつけないことで足本来の機能を高め、痛みから足を守る。
 ムーンスター スポルスはミセスの足元を考えぬいた機能を搭載し、洗練されたデザイン力と技術力で女性に訴求する。

関連キーワード: