実用的ポリマー英語表現講座No.6 仕事や論文作成に役立つ英文作成のポイントと例文

2021年03月02日

ゴムタイムス社

*この記事はゴム・プラスチックの技術専門季刊誌「ポリマーTECH」に掲載されました。

仕事や論文作成に役立つ英文作成のポイントと例文
実用的ポリマー英語表現講座No.6

ゴム薬品コンサルタント 太智重光

今月の代表フレーズ
In the case of A where~.…:~であるAの場合、…である。

(In the case of tire applications where high fracture resistance is requested, polybutadienes having very high 1,4 cis content should be used.)

 第6回目は、「~の場合、」「~ならば」等の状況や対象を限定する場合の英文での表現法です。

1.“in the case ~”を用いた「~の場合、」の表現法

例1:In the case of tire applications where high fracture resistance is requested, polybutadienes having very high 1,4 ciscontent should be used.
(高い耐破断性が要求されるタイヤへの応用の場合、非常に高いシス1,4-含量のポリブタジエンが使用されるべきである。)

例2:A prolonged cure time in the case of the devulcanized rubber may possibly indicate the breakdown and reformation of the polysulfidic linkages leading to a reduction in their number.
(脱硫ゴムの場合は、長時間加硫でポリスルフィド加硫鎖の開裂と再配置で、加硫鎖の硫黄原子数の減少になることを、示すことになるだろう。)

①例1は“in the case of~”の文頭使用例、例2は文中使用例。
②例1では、“In the case of~”の文を、”where”以下の文で説明。
③この他に、“In the former case、”(前者の場合)、“In the latter case,”(後者の場合、)の表現法もある。

2.whereを用いた状況限定の表現法

例3:ABC results for NR exhibit much lower rates of crack growth under certain strain and temperature conditions where strain crystallization can occur.
(伸長による結晶化が起こるような、ある種の伸長条件と温度条件のもとでは、NRに対するABCの結果は、非常に低いクラック成長速度を示唆する。)

例4:In the absence of sulfur, where the amounts of ABC are lower, the XYZ concentrations are higher.
(硫黄未添加では、ABCの量がより少なくなり、XYZの濃度はより高くなる。)

①例3、例4は、“where”以下の文で、前の文の状況を説明し限定。
②例4は、「~が無い場合、」の表現法。

3.ifを用いた「もし~ならば」の表現法

例5:If the ZnO surface is activated with HCl, the reaction occurs immediately, without an induction period.
(もし酸化亜鉛の表面が塩酸で活性化されているならば、誘導期をもつことなく反応がすぐに起こる。)

例6:If allowed to build up unchecked, this heat will eventually cause chemical and physical degradation of the vulcanized rubber and lead to a disastrous loss of strength.
(もし走行発熱を抑制しないで続けると、この発熱は遂には加硫ゴムの化学的および物理的劣化を引き起し、強度の非常に大きな低下となる。)

例7:Likewise feasible are hybrid formulations employing Semi-EV system if not the utmost stability is required.
(同様に、もし最高の安定性が要求されなければ、セミEV加硫系を用いた複合配合が可能となる。)

①例5、例6は“if”の文頭使用例、例7は文中使用例で否定仮定の表現。

4.“~ing”等を用いた条件・対象の限定用法

例8:Keeping in mind this mechanism, it was interesting to study systematically the different components of the formulation.
(この機構を念頭におく時、異なる配合成分について総合的に研究することは興味深い。)

例9:Assuming that the weight loss is entirely attributed to loss of the polymer matrix and not of the filler, the polymer loss results of Table II were calculated.
(重量損失が全てポリマーマトリックスの損失に起因し、フィラーの損失でないと仮定して、表2のポリマー損失の結果が計算された。)

①例8は「~する時」を意味する表現法。
②例9は「~として」の仮定を意味する表現法。

例10:Concerning the new dielectric relaxation that appears in addition to that α relaxation, the non-detection of this phenomenon in mechanical spectra leads us to attribute it to interfacial polarization.
(α緩和に加えて現れる誘電緩和に関し、力学的スペクトルでこの現象が発見されないので、我々はそれを界面分極に帰するものである。

例11:Regarding the results obtained from the 150% stretched specimen, the ratios of A(1746)/A(1377) and A(1714)/A(1377) are almost the same as those from the 100% stretched specimen.
(150%伸長された試料から得られた結果に関しては、A(1746)/A(1377)と A(1714)/A(1377)の比は、100%伸長された試料の場合と殆ど同じである。)

①例10、例11は“~ing”の形だが、いずれも前置詞に属し「~に関し、」を意味する。

例12:With respect to the chemistry of phenol-formaldehyde cure, there are still problems that have to be resolved.
(フェノール・ホルムアルデヒド加硫に関しては、解明されるべき問題がまだある。)

例13:In this section the effect of ABC on NR compound properties is examined, particularly with respect to antireversion characteristics, hysteresis and dynamic behavior.
(特に耐リバージョン性とヒステリシスと動的挙動に関し、NR配合物の物性へのABCの影響が、この節で考察される)

①例12、例13は、「~に関し、」の別の表現法で、文頭および文中で用いられる。
②「~に関し、」の表現法としては、この他に“As regards ~”、“with special reference to~”(特に~について)などがある。

【著者紹介】
太智重光
ゴム薬品コンサルタント[/hidepost]

全文:約3643文字

関連キーワード:

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー