注目のポリマー関連製品をピックアップVol.5 ㈱上島製作所 「FPS摩耗試験機」「RTM摩擦試験機」

2021年02月25日

ゴムタイムス社

*この記事はゴム・プラスチックの技術専門季刊誌「ポリマーTECH」に掲載されました。
*記事で使用している図・表はPDFで確認できます。

注目のポリマー関連製品をピックアップ
Vol.5 ㈱上島製作所 「FPS摩耗試験機」「RTM摩擦試験機」

「摩耗」「摩擦」「粘弾性」「疲労」をコンセプトに、ゴムやプラスチックそして塗料などの産業分野に信頼性の高い試験機を提供し、創業100年以上の歴史を築く上島製作所。江場淳一社長(以下、江場)と営業部の吉岡裕志部長(以下、吉岡)に注力製品を尋ねた。

FPS摩耗試験機

──FPS摩耗試験機(以下、FPS)について。
 吉岡 FPSは2000年初めに販売を開始して以来、毎年改良を続け販売をしています。2012年には2つの大きな改良を行いました。それは、従来幅広く使用されていたランボーン摩耗試験機では実現できなかった摩擦力制御での試験が可能になったことです。
 もうひとつは、FPSに路面の温度調節を行えるようにしました。回転するモノに電気を通すための部品であるスリップリングのような消耗品を使わず、非常にメンテナンスが楽な方法を使って機能を実現しました。

──FPS摩耗試験機の特徴は。
 吉岡 加硫ゴムの摩耗試験方法には、ランボーンをはじめウイリアムスやアクロン、ピコなど6種類がJISになっています。標準的なランボーン摩耗試験機に対し、FPSは微小なスリップ率に関して正確で高い再現性を実現しました。
 従来のランボーン摩耗試験機のスリップ率は、下限は5%程度ですが、FPSは1~2%程度の小さいスリップ率での試験ができます。そのため、主に乗用車用のタイヤの摩耗のシミュレーションに適しています。最近の傾向として、タイヤメーカー様が小さいスリップ率で試験する機会が多いですが、もちろんトラック・バスのような大きなスリップ率で試験をすることも可能です。

──販売開始してからの動向は。
 江場 当社のタイヤ用のゴム摩耗試験機は実車との相関が一番重要です。製品の開発や改良するさいには、どうやって実車との相関を取るのかを常に考えて会議をしています。FPSを初めて見られたお客様は、FPSで実車との相関が取れることを知り、良い評価をいただいております。
 また国内のタイヤメーカー様に以前から販売をしていますが、最近では国内では材料メーカー様の販売が伸びてきています。さらに、海外のお客様にも反響は良いです。

──材料メーカーに受け入れられる理由について。
 吉岡 材料メーカー様はタイヤメーカー様に材料を納入するにあたり、タイヤにした時にどれだけの性能が出るのかという材料レベルでプレゼンする機会がありそのさいに、FPSを使っていただいております。それは当社が今まで築き上げてきた技術とノウハウが信頼されているからではないでしょうか。材料メーカー様からは我々の技術の知見を共有し相談にのらせていただいている状況です。

──今後の販売戦略は、
 吉岡 もちろん国内のタイヤメーカー様は引き続き販売に注力していきますが、材料メーカー様の引き合いも増えてきているため、より力を入れていきたいです。さらに海外のタイヤメーカー様や材料メーカー様にも販売を促進していきます。
 海外については従来、アジア中心に販売をしていましたが、欧米への販売を強化するため、昨年はドイツやアメリカの展示会に出展しました。その際に、お客様と話をしている印象では、DIN摩耗試験機を使われているお客様が多く、実車との相関が取れないということで困っていました。その時に、FPSを紹介すると非常に興味を示していただき、販売に手応えを感じました。
 江場 実車試験との相関性について、国内もそうですが、海外のタイヤメーカー様や材料メーカー様が非常に気にしているところです。そこで、材料メーカー様にはタイヤメーカー様にFPSを使って材料をアピールするため、FPSを活用していただけたらと思います。
 吉岡 材料メーカー様がタイヤメーカー様に材料を販売する時に、どんな装置でデータを取ったか、お客様にとって何がアトラクティブなのかという話を良く聞きます。そのときに、FPSを使っていただければということでいつも紹介させていただいています。

RTM摩擦試験機

──RTM摩擦試験機(以下、RTM)について教えてください。
 吉岡 RTMはタイヤトレッドゴムの摩耗性能をウェット、ドライ、アイスの路面状態で試験できる全天候型摩擦試験機です。
 当社は摩擦試験機としては、アウトサイドドラム型、インサイドドラム型、フラットベルト式などを以前から作っていました。それぞれのタイプは各タイヤメーカー様の共同開発で試験機を作ってきました。ターンテーブル方式のRTMもタイヤメーカー様と共同で開発しました。

──RTMの特徴は。
 吉岡 疑似路面としてリング状路面の表面をウェット、ドライ、アイス状態に再現することができ、この3つの路面状態を一台の装置で試験できることが最大の特徴です。
 つまり、今まではアイスならアイス専用、ドライならドライ用、ウェットならウェット用しか試験できない構造上の制限がありましたが、ターンテーブル式のRTMは、その3種類の路面条件を一台の装置で可能になりました。また、お客様の要望に応えてカスタマイズも提供しています。

──販売戦略について。
 江場 FPSと同様に、すでに国内外で展開しています。RTMは、特に海外の大学の先生から注目をしていただており、RTMを使って論文をぜひ書きたいとのご要望もいただいております。今後は、欧米への販売をさらに力を入れていきます。
 吉岡 最近では、欧米からの引き合いは増加傾向です。たとえば、アメリカの代理店様ですが、お客様からの引き合いが非常に多いということで自らデモ機を買っていただきました。

──上島製作所のブランドについて。
 江場 おかげさまで100年以上歴史を築くことができ、事業展開を行っています。そのため国内でもそうですか、海外でも一定の認知度を得ております。ただし、いままで欧米向けの販売に対して、なかなか力を注げなかったことも事実です。最近になってようやく、海外に向けての販売体制が整ってきまました。また外部からの協力もいただけるようになり、今後欧米の事業展開に注力することができます。

──購入後のメンテナンス対サービス対応は。
 江場 国内は専門部署があり、本社と営業所にもサービスエンジニアを抱えています。一方、海外のメンテナンスサービスについては、代理店様の協力体制がようやく構築できました。今までは中国、台湾、韓国、東南アジアなどの地区に販売をしていきましたが、今後は欧米の販売とメンテナンスサービスにも力を入れていきます。
 吉岡 実は3月の初めに、アメリカからトレーニングの人員を受け入れる予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で直前にキャンセルになりました。新型コロナウィルスの影響が収まれば再開できると思います。

──御社の強みは。
 江場 第一に創業100年以上のなかで築き上げてきた技術とノウハウが強みです。このことは他社よりも抜きんでているものがあると思います。それがブランド力、認知度の向上に繋がっています。創業100年のなかで培ってきた技術やノウハウは一朝一夕で築き上げることができないものです。
 また、上島試験機の精度へのこだわりは数値に現れない部分にまで及んでいます。例えば粘弾性アナライザの試験温度は単に試験チャンバー内の温度を測定するのではなく、試験片そのものの温度をシミュレーションできる工夫を凝らしています。
 今後もこの強みを活かし、試験機を作るというだけではなく、今まで蓄積された試験機の知見を活用し精度へのこだわりを持って、お客様に試験機を提供していきます。

会社名 ㈱上島製作所
所在地 東京都国立市谷保6-5-22
TEL 042-572-1397

全文:約3330文字

関連キーワード: