住友ゴム 「ENEX2011」に出展 環境配慮商品タイヤを展示

2011年02月15日

ゴムタイムス社

住友ゴム工業㈱は、2011年2月8日(火)から10日(木)まで東京ビッグサイトで開催される「ENEX2011 第35回地球環境とエネルギーの調和展」に出展する。
住友ゴムグループは、地球環境への取り組みを経営上の最重要課題として位置づけ、持続可能 な社会の実現に貢献し、社会から信用される企業グループを目指しており、この考え方を表現したCSRメッセージ「for you for the  earth(あなたのために、地球のために)」とともに様々な活動を行っている。今回の同社ブースでは、環境省より「エコ・ファースト企業」として認定さ れた際の 3つの「エコ・ファーストの約束」を中心に同社グループの環境関連活動をわかりやすく紹介する。。
〈展示内容〉
①地球温暖化の防止に向けた取り組み=CO2削減に向けた様々な取り組みを紹介。
②循環型社会の形成に向けた取り組み=完全ゼロエミッション、リサイクル、緑化活動などを紹介
③環境配慮商品の実用化=「エナセーブ」シリーズや「ル・マン4」など、環境に配慮した『 低燃費タイヤ』を展示
「ENEX2011第35回地球環境とエネルギーの調和展」
財団法人省エネルギーセンターが主催する展示会で、低炭素社会を担うエネルギー技術と省エネ性の高い技術・製品・システムにフォーカスした展示会。省エ ネ先進国として省エネ技術の国際的な普及に貢献する一方、新・国家エネルギー戦略や改正省エネ法、地球温暖化対策推進法などに基づいた国のあらゆる取り組 みを紹介し、産業界、一般消費者、全ての人へ低炭素社会実現に向けたメッセージを送る。

関連キーワード: