ゴムタイムス70周年の画像

東ソー フィリピン子会社がPVC製造設備能増

2017年01月12日

ゴムタイムス社


 東ソーは1月12日、同社グループのフィリピン・レジンズ・インダストリーズ(PRII社)が、塩化ビニル樹脂(PVC)製造設備の生産能力増強を決定したと発表した。

 フィリピンのPVC需要は、上下水道を中心としたインフラ投資の本格化により、パイプ用途や建築資材向けなどの需要が拡大しており、今後も堅調な成長が見込まれる。現在、同国ではPVC供給能力が不足しており、PRII社は、PVC生産能力を倍増することで、市場の成長を背景とした需要の拡大に対応し、同国における安定供給体制の確立を図る。

 完工後は、PVC製造設備の生産能力が年産21万tとなる。投資額は約42億円。2月着工、2018年12月完工予定で、商業運転は2019年1月予定。PRII社は1994年5月設立、本社はフィリピンのマカティ市に所在。事業内容は塩化ビニル樹脂(PVC)の製造・販売。出資比率は東ソー80%・三菱商事20%。

 同社グループは、同計画の実施により、アジア地域での旺盛な需要の拡大に対応し、今後もビニル・チェーン事業の収益力の強化を図っていくとしている。

関連キーワード: ·