三ツ星ベルト 樹脂ベルト新製品2種を開発

2014年06月10日

ゴムタイムス社

 三ツ星ベルトは6月9日、環境に優しい樹脂ベルト「バイオマスベルト」と「フッ素コーティングベルト」を開発したと発表した。

 「バイオマスベルト」は、再生可能な生物由来の有機性資源であるバイオマスを原料に使用した環境配慮型ベルト。バイオマス素材の含有率が従来品の1・5倍となる66%を実現したことが特長で、芯体帆布はほぼ100%のバイオマス度を達成、ベルトカバーおよび中間層は約50%、接着剤は約30%のバイオマス度となっている。同製品はこの夏をめどに販売開始の予定で、同社は環境対応に注力する食品工場などへ積極的にPRするとしている。

 もう一つの「フッ素コーティングベルト」は、ベルト表面に耐熱性・離型性に優れたフッ素樹脂を採用。炊き立てのご飯など高温で粘着性のある搬送物に最適で、

全文:約451文字

関連キーワード: