サーキット用タイヤ新発売 ミシュラン、公道も走行可能

2020年08月07日

ゴムタイムス社

 日本ミシュランタイヤは8月4日、レースからフィードバックされた最新の技術を投入し、その高いドライグリップ性能と安定したハンドリング性能を向上させた公道も走行可能なサーキット用タイヤ「ミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2コネクト」を9月1日より順次発売すると発表した。サイズは17インチから21インチの計23サイズ、価格はオープン。

 同製品はミシュランが世界中のレースで培った技術をフィードバックした「ミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2」の後継モデルとして操縦安定性とドライグリップ性能を向上させ、より速いラップタイムの更新とそれを安定して刻むことを目的に開発されたサーキット用タイヤ。

 特徴として、「高いドライグリップ性能を実現しつつ、サーキット走行時の優れた耐摩耗性がラップタイム向上やドライビングスキル向上に貢献」、「優れた操縦安定性で思い通りのハンドリングを実現」、「サーキット走行だけでなく、公道での使用が可能」、「サイドウォール全周にわたって施されたプレミアムタッチ・デザイン」の4点が挙げられる。

 レースの世界では「より速いタイムを安定的に出し続けチェッカーフラッグを受ける」ことが要求される。そのためには優れたコントロール性能と高いドライグリップ性能に加えて、耐久性や耐摩耗性など相反する性能が高いレベルで求められる。同製品はレース用タイヤに求められる要件を市販用タイヤとして高次元で満たしており、ユーザーがサーキット走行という非日常の体験をした後も、タイヤを交換することなく公道走行可能となっている。

 

ミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2コネクト

ミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2コネクト