アサヒ再生ゴム ゴム製品再生化で未来に貢献 品質・納期対応力で高評価

2020年07月06日

ゴムタイムス社

 九州唯一のタイヤマテリアルリサイクル企業であるアサヒ再生ゴム株式会社(佐賀県三養基郡みやき町、廣田知文社長)の19年12月期は、輸入再生ゴムの台頭が著しい中、五輪関連需要やコンパウンド事業の躍進もあり、前期以上の売上を達成することができた。しかし、20年12月期上期は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2月後半より徐々に受注量が減少し、先行きが不透明となっている。

 タイヤ再生ゴムは、売上が前年比マイナスとなったが、2015年より拡売してきた高強力再生ゴムは、優れた物性が評価され、品質を重視するタイヤメーカー等に採用が広がり、順調に販売を伸ばしている。

 ブチル再生ゴムは、売上が前年比で大幅増となった。建材メーカーを中心に東京五輪関連の需要が高まったことが最大の要因となっている。

粉末ゴム製品

粉末ゴム製品

 また、粉末ゴムは、タイヤメーカーおよびゴム加工メーカーからの需要が堅調に推移している。樹脂加工メーカーへの納品が新たに決まるなど、新規用途への拡大も進む。

 その他のゴム製品は、ゴムコンパウンド事業において練り生地の安定品質や納期対応力が評価され、受注量が倍増した。

 生産面では、数年前から生産工程など

全文:約1076文字

アサヒ再生ゴム ゴム製品再生化で未来に貢献 品質・納期対応力で高評価

キーワード: ·