ゴムタイムス70周年の画像

印の新拠点で生産開始 東レの樹脂コンパウンド

2019年10月04日

ゴムタイムス社


 東レは10月2日、インドの現地法人である東レ・インダストリーズ(インディア)(TID)に新設した樹脂コンパウンド拠点で、ナイロン樹脂とPBT樹脂コンパウンド製品の生産を9月から開始したと発表した。

 これらの製品は、耐熱性や耐薬品性、機械強度等に優れ、自動車の機構部品や電装部品、電機電子製品等に使われる。

 TIDは、インドにおける日系樹脂メーカー初のエンジニアリングプラスチック生産拠点で、年産約5000tの設備を早期にフル稼働させる計画となっている。

 このコンパウンド拠点は、現地生産による安定供給とリードタイム短縮、在庫・デリバリー、現地開発力等の機能を強化することを目的として新設したもので、今後拡大が期待されるインドでのエンジニアリングプラスチック需要をいち早く確実に取り込み、インドでの一層の事業拡大を目指す。

 インド経済は、今後2030年にかけて年率6%の高い成長が見込まれる有望な市場で、所得水準の向上に伴い、自動車や家電等、高級品や高付加価値品の需要が拡大しており、エンジニアリングプラスチックの需要拡大が予想される。

 また、インドでは、さらなる高機能化ニーズの高まりとともに高機能素材の需要が増加すると見られ、同社は地産地消の考え方を基本に、将来の現地でのPPS樹脂のコンパウンド生産とテクニカルセンターの新設についても検討を開始する。

 同社では、現地のニーズを迅速に把握し製品開発に生かすことで、近年の環境規制強化などによる顧客の要求特性の高度化にスピーディーに対応していくことにしている。

 同社は、中期経営課題「プロジェクトAP―G2019」の基本戦略の一つとして、「グローバルな事業の拡大と高度化」を推進している。今後、スリシティーのTID事業拠点を、インド内需のみならず南アジアを主とするグローバルオペレーションの拠点として活用していく計画で、海外拠点を拡充し有機的な連携をさらに強め、グローバルな事業拡大を進めることにしている。

 

関連キーワード: ··