日本ゼオン 電池容量高める接着剤開発 スマホなどで

2012年02月29日

ゴムタイムス社

 日本ゼオンは、リチウムイオン電池の正極に使用する水系バインダー(接着剤)の製品化に成功し、実用化に向け本格的な販売を開始した。 

  現在、リチウムイオン電池は携帯電話、ノートブックパソコンなどのモバイル機器の電源として広く使用されている。軽量・小型でありながら、大きなエネルギーを蓄えられることから、自動車用途、電力の使用状況、発電状況を通信機などを用いて監視して制御する新しい電力網である、都市型スマートグリッドなどの産業電源用途としての採用も始まっているが、一方で、高温雰囲気で使用した場合、寿命が低下しやすいといった課題があった。

 同社は、リチウムイオン電池バインダーの高機能化の開発を進め、正極用バインダーとして寿命の低下抑制に大きく貢献する機能性バインダーの開発に成功しており、市場にサンプル提供をしてきた。今回、特に長期寿命が要求されるスマートグリッド用途などの分野での実用化に目処がついたことから、製品の本格的な販売を開始した。

 水系バインダーは、寿命の低下抑制に大きく貢献すると同時に、従来から使用されてきた溶媒系と比較すると、環境および生産現場での負荷を軽減することができる。