ゴムタイムス70周年の画像

JRM 第38回例会を静岡で開催

2016年10月13日

ゴムタイムス社

 日本ゴム機械懇話会(JRM、髙木康彦会長)は10月12日、第38回JRM例会を静岡のエクシブ浜名湖で開催した。

 会員ほか報道関係者含め20人が出席。JRM会員の近況報告が行われたほか、正看護師・国際中医薬膳師の森田恵理歌氏の講演も行われた。

 総会は石川原圭副会長の司会進行で進められ、山中亨副会長が開会の辞を述べた。

あいさつする髙木会長

あいさつする髙木会長

 冒頭のあいさつで、髙木会長は4月に初めて開催された海外視察について、大変意義のある海外視察だったと振り返った。その上で「JRMの会員は22社いるが、今回の海外視察を含め、毎回7~8割近い会員が時間を割いてJRMに参加している」と改めて会員に向け感謝の意を表した。
 また、髙木会長は最近の自動車メーカーの不祥事などに触れ、「日本の自動車技術は世界一だと捉えており、自動車はなくてはならない産業である。会員の顧客の大半が自動車に関連する企業が多い」と延べ、ゴム業界を取り巻く環境などについて「忌憚のない意見を述べてほしい」と要望した。

 

全文:約1058文字