三ツ星ベルト オルタネータ用プーリ新製品「スマスター」 燃費向上が可能に

2016年10月03日

ゴムタイムス社

 三ツ星ベルトは10月1日、自動車用補機ベルトの関連部品として、バネ式減衰機構付きオルタネータ用プーリのオルタダンパプーリ「スマスター」を開発し、量産納入を開始したと発表した。

 ベルトの張力変動を吸収し、張力設定を下げることで燃費向上が可能となる。

 アイドルストップやダウンサイジング(小排気量)化、直噴化などの燃費向上技術によって、エンジンの回転変動が増加する傾向にあり、補機ベルトシステムにとって過酷な使用環境となっている。

 スマスターは小型で、内蔵するコイルバネにより、エンジンの回転変動を吸収する機構を持っている。その結果、ベルトからの発音の抑制、ベルト寿命の向上、さらに燃費向上にも貢献できる。

 同社では、主力のベルト事業に関連部品を新たに追加することにより、システムサプライヤーとして自動車メーカーへの取り組みを強化。金属の機能製品分野へも積極的に進出していく考えだ。